ドリテク ヤフー板 ドリナビ 日経 M氏 EDINET 941467 ※ドリダマはリンクフリー許可不要です
日本テレコム   アジ航   世界   アルゴG     ゼンリン     ※転載自由「ドリダマより」と入れてね
FC2 Blog Ranking かぶろぐランキング ・BLOOG-RANKING   人気blogランキングへ


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





※投資は自己責任で。投資を煽るものではありません。
神の見えざる手
FC2 Blog Ranking   かぶろぐランキング   人気blogランキングへ 毛 穴 ・ 黒 ず み . c o m
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドリテクIRに質問しました 

ドリテクIRにメールにて質問しました。
情報の共有をしたいという意味でここに公開したいと思います。


1.決算発表はいつか?

決算発表は2月中旬を予定。
とにかく昨年はいろいろな動きがあった。
その総決算であるので、全てしっかりと財務諸表に反映させるために努力している。


2.M&Aの進捗状況は?

いくつかの案件がある中で、売上・利益規模をはじめとし、不適当な合併の基準の問題、営業権(暖簾代)の償却額などの観点から、案件ごとの優先順位をつけて進めている。
しかしながら、もちろん敵対的TOBではない形式でのグループ参入を目指しており、これには相手があることであり、これまでのところは発表できる段階までには至っていない。
なるべく早期に実現させるよう引き続き努力していく。


3.平成電電の持っているドリテク株は今後どのようになっていくの?

当社は破産管財人に対して譲渡を受けたいという申し入れをした、管財人からは色よい返事をいただけていない。
時々他の株主様から、「あの株をほったらかしてる」「早くあの株を買って負の遺産を清算してほしい」というご意見をいただくが、あの株については、持っている側の管財人が処分を決めない限りどうにもならないもので、当社が考える平成電電関係の負の遺産の範疇にあるとは考えてはいない。
とはいえ、「放っておく」というわけではなく、その分、安定株主づくりや自己株式の取得などで、対処をしていきたいと考えいる。


以上がドリテクからいただいた回答でした。
IR担当の方、いつもありがとうございます。

※原文回答は丁寧な敬語でお返事をいただいています。
 原文そのままの掲載は許可されていませんので、管理人により少々変えてある部分があります。ご了承ください。
スポンサーサイト





※投資は自己責任で。投資を煽るものではありません。
神の見えざる手
FC2 Blog Ranking   かぶろぐランキング   人気blogランキングへ 毛 穴 ・ 黒 ず み . c o m
[2007/01/29 20:14] ドリテクIR | TB(0) | CM(6)

なんだか我ながら的を得ない質問で申し訳ありませんでした。
[2007/01/29 20:15] [ 編集 ]

うちに来たIRメール(1月5日)

○○○様

平素は、格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。
ドリームテクノロジーズ株式会社でございます。
いただきましたご質問につきまして、ご回答させていただきます。

アジア航測への株主提案につきましては、当社が注力する全国自治体向け「台帳アーカイブソリューション」の販売業務提携を視野に入れて行いましたが、航空測量業界ではアジア航測より上位に位置する国際航業株式会社様とのアライアンスが確認できましたので、特にアジア航測とはこの件について固執して継続する必要もなくなりました。

M&Aにつきましては、現在いくつかの企業と話を進めている状態でございます。
お待たせしておりまして申し訳ございませんが、この件に関しましては、双方合意になりましたら正式に皆様にご報告申し上げます。

自己株式の取得につきましては、インサイダー規制に抵触しないように気をつけながら進めています。
内閣府令によれば、決算発表直前は当然のこととして、それ以外にも重要事実がある場合には発注ができません。
自己株式の取得の状況につきましては、その月間の買付状況を翌月15日までに財務局に、取得期間内に取得予定額もしくは予定株数に達した場合は、買付終了の旨を大阪証券取引所に報告することになっております。
なお、保有割合に1%以上の増減があった場合には、財務局に大量保有報告書の変更届を提出いたします。
ただし、日々の買付状況については、お答えすることができませんでので、財務局、大阪証券取引所での開示までお待ちくださいますようお願いいたします。

当社は、経営理念にも掲げております通り、株主様をはじめとする全てのステークホルダーの皆様に対し良好な関係を築く責任を全うする会社、企業グループとなるよう努力を続けております。株価についても、企業価値の向上が不可欠であると考え、本年も引き続き努力をしてまいります。

株主様におかれましては、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

(追伸)
○○○様からは何度もお問い合わせメールを頂きまして申し訳ございませんでした。他の株主の皆様からも多くのお問い合わせやご意見を頂戴しており、当社からの回答は順をおって返信させていただいております。当社としましても、非常に限られた人数で対応しており、やむを得ず時間がかかってしまっているのが実情です。決して「株主軽視」というわけではございません。

以上、回答とさせていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

ドリームテクノロジーズ株式会社

[2007/01/29 21:55] うろうろ [ 編集 ]

大阪証券取引所からのメール

委託保証金率について質問してみた件

○○○様

いつもお世話になっております。

お問合せいただきました件ですが,ドリームテクノロジーズ㈱につきましては,ご指摘のように,平成18年12月15日に「不適当な合併等」の猶予期間から解除いたしました。
なお買残高が多いため,日々公表銘柄の指定及び信用取引臨時措置(委託保証金率70%)は継続しております。

信用取引銘柄の状況につきましては,下記サイトの「信用取引関連データ」でご確認ください。
      http://www.ose.or.jp/stocks/ind_si.html

実施基準・解除基準につきましては,下記サイト「信用取引に係る委託保証金の率の引上げ
措置等に関するガイドライン」をご参照ください。
      http://www.ose.or.jp/stocks/doc_sin/te_model_2.pdf

今後ともよろしくお願いいたします。

---------------------------------
株式会社 大阪証券取引所
広報グループ

[2007/01/29 21:57] うろうろ [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2007/01/29 23:18] - [ 編集 ]

いつも貴重な情報ありがとうございます。
M&A、はっきりしないですね!
ときどき思うのですが、
これって新手の詐欺のようにも思うのです。
M&Aをやるってあおっておきながら、
相手があることだからと
ズルズル引き伸ばす・・・
そのくせ、毎回のIRでは
M&Aの文字を書き並べて、
投資家の好奇心を誘う・・・
あ~あ、変な株につかまちゃったなあ・・・
何か疲れてきちゃいました。
[2007/01/29 23:24] かんきち [ 編集 ]

うろうろさん、さすがです。
情報提供ありがとうございました。
大証にも問合せしていたのですね、頭が下がります。

かんきちさんへ
確かにそうかもしれませんねー。これだけ遅れればおっしゃるとおりかもしれません。
[2007/01/30 07:02] [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dreamtechnologies.blog48.fc2.com/tb.php/1140-a3c87303










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。