ドリテク ヤフー板 ドリナビ 日経 M氏 EDINET 941467 ※ドリダマはリンクフリー許可不要です
日本テレコム   アジ航   世界   アルゴG     ゼンリン     ※転載自由「ドリダマより」と入れてね
FC2 Blog Ranking かぶろぐランキング ・BLOOG-RANKING   人気blogランキングへ


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





※投資は自己責任で。投資を煽るものではありません。
神の見えざる手
FC2 Blog Ranking   かぶろぐランキング   人気blogランキングへ 毛 穴 ・ 黒 ず み . c o m
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ZOOMAの可能性 

前回はZOOMA製品について簡単な概略を書いてみましたが、今回はZOOMAの可能性について考えていきたいと思います。

ZOOMAの特徴として、多岐分野への応用がきくことがあげられます。
特にドリテクの持分法適用子会社であるアジア航測とのシナジー効果に注目が集まっています。
それは総会での池田社長の発言でもわかりますようにドリテクに支援を名乗り出たファンドの興味をひいていたことからもわかります。
では具体的にZOOMAのどういった部分がアジア航測と相性がよいのでしょうか。具体例を見ながら考えていきます。

実体視サポートソフト「どこでも実体視」
http://www.ajiko.co.jp/service/system/07_docodemo.html
これはZOOMAの技術を使ったものですが、特徴として2画面を同時に表示しています。2種類のZOOMA画像を同期表示可能というZOOMA Oneの技術が応用されているようです。このように、実際にアジア航測が航空写真を撮影し、ZOOMAで描画することはもちろん可能です。

アジア航測の空間情報テクノロジーを見てみても、
航空写真測量
リモートセンシング
航空レーザ計測
動態計測(モービルマッピングシステム)
デジタル写真・ビデオ計測
赤色立体地図(Red Relief Image Map)
3次元自動画像計測
斜め写真計測
変化箇所判読技術
3次元バーチャル・リアリティシステム
3次元コンピュータグラフィック
POS(自動空中定位システム)
デジタル航空測量カメラ<DMC>

特に3次元バーチャル・リアリティシステムに見られる3次元での活用技術を高精細画像配信技術との組み合わせなど、これからの測量結果を閲覧する際に欠かせない技術となるのではないでしょうか。究極的にいえば世界中をくまなく測量したデータをZOOMAの技術によって自由に閲覧することができたり。。

アジア航測の技術はどれもZOOMA側からは興味深いものばかりです。
アジア航測の技術は素晴らしいものがあります。しかし残念ながら現在アジア航測とドリテクが共同でなにか新しいものを開発したということには至っていません。
今回ドリテクはIR情報を更新しました。一部抜粋します。
「アジア航測株式会社首脳と今後の方向性について協議を開始致しました。」
ドリテクはこれまでアジア航測経営陣に約2年間も投げかけてきました。資本提携強化をしたことによって、やっと実を結びつつあるのだと思っています。まだアジア航測とドリテクのシナジー効果というものは発揮されていません。私はそれだけに今後アジア航測との技術的な結びつきを楽しみにしているのです。


アジア航測のことばかり書きましたが、4月25日に発表された、「オムロンソフトウェアが開発した、携帯電話による車両運行管理システムに当社のZOOMA Flexが採用されました。」のニューリリースですが、これは私たちにZOOMAが携帯電話での可能性を示唆してくれました。

また、ゼンリンとドリテクは平成10年に地図ソフトウェア分野における業務提携を開始しました。以来ゼンリンとは長い付き合いをしています。余談ですが、トヨタ自動車はゼンリンは平成17年5月6日に5%から7.46%に買増しをしています。

ドコモ・システムズにあっては平成13年、「DoCoです・Car」にNexusMap地図エンジンを提供。

ドリテク顧客についての詳細は次回に譲るとして、ドリテク顧客にはいわゆるグッドネームといわれる企業が名を連ねています。
アジア航測だけというわけではなく、ZOOMAと組合せることによって有効に活用できる技術、分野は他にもたくさんあります。
ZOOMAという技術は他技術との組合せによって活きる技術だと私は思います。技術と技術の橋渡しがZOOMAの技術を最大限に発揮できるものだと考えています。
ドリテクは今までずっと研究開発をし続けてきましまた。研究費は台所事情によってか、削られてはいますが、研究開発はまだまだ続けられています。



最後に赤根取締役の言葉を紹介して終わりにします。

「いわゆるグッドネームの大手といった意味ではいろんな大手と取引先がございますので、そういった意味ではいろんなところと取引ができればそれはそれでよいかと思います。」
「通信サービスの方は抜けますけれどもソフトウェアの方もなにか展開するような形で営業努力していくということで考えております。
なにかいいニュースをお出しできればよいかと思いますが、それまではもうしばらくお待ちいただければと。」


【次回予告】ドリテク技術の特許について
PB ZOOMAについてはもうしばらくお待ちください

※本文はZOOMAの可能性について管理人の主観に基づいて書かれたものです。投資を煽るものではありません。
スポンサーサイト





※投資は自己責任で。投資を煽るものではありません。
神の見えざる手
FC2 Blog Ranking   かぶろぐランキング   人気blogランキングへ 毛 穴 ・ 黒 ず み . c o m
[2006/05/07 11:25] ZOOMA | TB(0) | CM(2)

さ~て^^

明日からまた場がひらきますね^^

さて、今週はどうなることやら^^;

一気に2万回復してくれたら嬉しいな~…などと妄想しながら寝ることにします。

おやすみなさ~い^^
[2006/05/07 23:31] bekken [ 編集 ]

おはようございます

今日からまた再開ですね。
楽しみです^^
[2006/05/08 07:18] [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dreamtechnologies.blog48.fc2.com/tb.php/419-56900dd8










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。