ドリテク ヤフー板 ドリナビ 日経 M氏 EDINET 941467 ※ドリダマはリンクフリー許可不要です
日本テレコム   アジ航   世界   アルゴG     ゼンリン     ※転載自由「ドリダマより」と入れてね
FC2 Blog Ranking かぶろぐランキング ・BLOOG-RANKING   人気blogランキングへ


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





※投資は自己責任で。投資を煽るものではありません。
神の見えざる手
FC2 Blog Ranking   かぶろぐランキング   人気blogランキングへ 毛 穴 ・ 黒 ず み . c o m
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

5月1日IR情報の更新について 

アジア航測IRが出て、アジア航測とドリテクとの関連が注目されていますが、そのアジア航測について、ドリテクは今後どのような形で提携していくか、ということも株主が注目していることのひとつだと思います。
ドリテクは5月1日にIR情報の更新をしました。
これについて不可解な点がありますので、ここに紹介します。

5月1日に出したIR情報なのですが、アジア航測について述べている部分が変更されていることにお気づきでしょうか?
私が気がついたのは5月9日の朝です。この5月9日というのはアジア航測IRが出た次の日になります。

5月1日IR情報
アジア航測株式会社首脳と今後の方向性について協議を開始いたしました。双方にとってメリットのある結論を早急に出すよう考えております。

5月9日現在IR情報
今後の方向性についての最善策を検討しております。双方にとってメリットのある
結論を早急に出すよう努力しております。


この違いはなんでしょうか?また変更した理由はなんでしょうか?

現在のIR情報からは「アジア航測株式会社首脳」「協議を開始」この2つの言葉が消えてしまいました。
その代わりの言葉は「最善策」という文字です。
強行なことはしないと言っていたドリテクですが、今後アジア航測とドリテクはどういった形での関係強化をしてゆくのでしょうか?




5月9日21:13、ドリテクに質問のメールを送信しました。


5月1日に更新したIR情報なのですが、アジア航測についての記述の部分に関して質問があります。

「また、当社が筆頭株主であり、持分法適用会社であるアジア航測株式会社につきましては今後更に当社グループのビジネスとのシナジー効果が期待できると考えており、
今後の方向性についての最善策を検討しております。双方にとってメリットのある
結論を早急に出すよう努力しております。」

という部分についてですが、5月1日に私が確認した内容は

「アジア航測株式会社首脳と今後の方向性について協議を開始いたしました。双方にとってメリットのある結論を早急に出すよう考えております。」



でありました。アジア航測の御社に関連するIRも出ましたし、株主としては御社とアジア航測との関連について非常に興味をもっております。

私がIR情報の変化に気づいたのは5月9日の朝です。アジア航測のIRが出たのが5月8日になっていますので、このIR情報の突然の変更についてとても気になります。

御社がIR情報を変更した理由と、変更した日時を教えていただけませんでしょうか?株主としてきちんとした説明を期待しています。



お忙しいところすみませんが、返信をお待ちしています。


※投資は自己責任・自己判断で。この文章は管理人の疑問を表現したものです。決して誰をも批判するつもりはありません。投資を煽るものでもありません。
スポンサーサイト





※投資は自己責任で。投資を煽るものではありません。
神の見えざる手
FC2 Blog Ranking   かぶろぐランキング   人気blogランキングへ 毛 穴 ・ 黒 ず み . c o m
[2006/05/09 20:51] アジア航測について | TB(0) | CM(4)

いつも楽しく読ませて頂いております。

よく変更されていた事に気づきましたね。
さすが羊氏です。
私は気づきませんでし・・

ところでIRへのメールなのですが
某掲示板に書いてあったのですがドリテク側の
メールサーバが一杯のようで届かなかった人が
居たそうです。

羊氏もメールが届いているか確認してみた方が
よいかも知れません。
[2006/05/09 22:40] - [ 編集 ]

IR

IRの件、気づいてましたけど、むしろアジアの方のIRがすべてを物語ってますよ。喜んでお付き合いをしているようには思えないのですが。また疑問として、ドリテクには確かにキャッシュがあるようですが、ここまでアジアの株を買い占めるだけの資金的余裕あるのか。後ろ盾は何なのか。アジアにしてみれば技術的な問題よりも、ドリテクの不透明感を不信に感じているのかとも思います。ドリテクが出て来て大丈夫かぐらいか。その他の関係会社。影響は無しとはいかがなものか。友好的に技術の面で仲良くなれればいいのですが。元証券マンの皆さん、あまり策略を練ると、策士策におぼれますよ。IRの表現ひとつ不信感をもたれるようなことはやめて欲しい。アジアのことは今後のM&Aにも影響がでますよ。HDDの二の舞を踏まぬよう。
[2006/05/09 23:00] へい [ 編集 ]

ZOOMA

某掲示板で見つけました

トヨタのネットチラシで
ZOOMAが使われているみたいですね

http://www.netz-toyota-tokyo.co.jp/weekly/index.html
[2006/05/09 23:39] - [ 編集 ]

こばんはー

名無しさんへ
ありがとうございます。
某掲示板の書き込み、私も拝見しました。
数日は返信を待ってみます。

へいさんへ
さすがへいさんです。
しかしなぜIR情報のアジア航測に関する部分を変えたのか?また変える必要があったのか?そこに私は興味を惹かれたのです。私は不信感を持ったのではありません。むしろ期待をしているのです。前向きな記事を書いたつもりだったのですが、記事に私の気持ちとして一文を加えました。

名無しさんへ
情報ありがとうございます。早速見てみます^^


[2006/05/10 00:10] [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dreamtechnologies.blog48.fc2.com/tb.php/431-5c2c5d3a










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。