ドリテク ヤフー板 ドリナビ 日経 M氏 EDINET 941467 ※ドリダマはリンクフリー許可不要です
日本テレコム   アジ航   世界   アルゴG     ゼンリン     ※転載自由「ドリダマより」と入れてね
FC2 Blog Ranking かぶろぐランキング ・BLOOG-RANKING   人気blogランキングへ


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





※投資は自己責任で。投資を煽るものではありません。
神の見えざる手
FC2 Blog Ranking   かぶろぐランキング   人気blogランキングへ 毛 穴 ・ 黒 ず み . c o m
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゼロ金利解除 条件着々と 

日銀がゼロ金利政策を解除する条件が着々と整いつつある。
三日発表した六月の企業短期経済観測調査(短観)で企業の設備投資計画がバブル期以来の高い伸びになり、「超低金利が長引けば設備投資に行き過ぎが生じかねない」との警戒感が浮上。日銀は米経済や株価動向を見極めながら、まず13日、14日に開く金融政策決定会合でゼロ金利解除の是非を議論する方針だ。7-8月が解除判断のヤマ場になる公算が大きい。

「企業の景気に対する前向きな見方が確認できた」(日銀幹部)

「景気の強さから、日銀がゼロ金利解除の条件が整ったと判断する可能性が高い」(クレディ・スイス証券の白川浩道チーフエコノミスト)

「設備投資は短期的な上振れ要因であると同時に、その後の反動のリスクを含め経済活動の振幅を大きくする要因」(福井総裁)

「(ゼロ金利解除の環境は)整っているのではなく、整いつつあるというのが正確な表現だ」(与謝野経済財政担当相)

「株式相場の上昇しており、早期のゼロ金利解除の環境が整った」(大和証券SMBCの末沢チーフストラテジスト)

「短観の内容が予想より力強く、日銀は政府圧力と切り離して解除できるようになった」(野村證券松沢チーフストラテジスト)

「デフレ脱却に向けてどういう経済状況、景気状況か見極めてほしい」(小泉首相)

「デフレが後戻りしないよう政府と一体で取り組んで欲しい。当面はゼロ金利を継続し金融面から経済を支えてもらう必要がある」安部官房長官

平成18年7月4日 日経新聞より抜粋させていただきました。
スポンサーサイト





※投資は自己責任で。投資を煽るものではありません。
神の見えざる手
FC2 Blog Ranking   かぶろぐランキング   人気blogランキングへ 毛 穴 ・ 黒 ず み . c o m

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dreamtechnologies.blog48.fc2.com/tb.php/652-4c7531a8










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。