ドリテク ヤフー板 ドリナビ 日経 M氏 EDINET 941467 ※ドリダマはリンクフリー許可不要です
日本テレコム   アジ航   世界   アルゴG     ゼンリン     ※転載自由「ドリダマより」と入れてね
FC2 Blog Ranking かぶろぐランキング ・BLOOG-RANKING   人気blogランキングへ


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





※投資は自己責任で。投資を煽るものではありません。
神の見えざる手
FC2 Blog Ranking   かぶろぐランキング   人気blogランキングへ 毛 穴 ・ 黒 ず み . c o m
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドリテクはなにをしている会社か? 

ドリテクを簡単に説明します。

ドリテクがなにをやって生計を立てているのか?

ドリテクの事業は、ドリテク単体でみると、「ZOOMA」(ズーマ)という製品を開発販売している会社といえます。
この「ZOOMA」というのは高精細画像でも、ストレスなく閲覧できるソフトです。実際に見ていただくのが一番早いと思いますのでリンクしておきます。
http://img.zooma.jp/map/hazard/shinjuku_sync/ZoomaViewer.htm
特に官公庁に強く、観光マップなどをズーマを使ってネット上に公開していたりします。
以前は通信事業もやっていましたが、今ではほとんど撤退しています。

また、ドリテクはグループ企業であり、優秀な子会社を抱えています。

オムニトラストジャパン(100%子会社)
セキュリティーソフトの「NetSecure」「OmniTrust PB」「OmniTrust PB plus」という製品があります。
ネット上に公開したデータの二次配布を防ぐというものです。
これは使い方の例として、ドリテクのズーマを使ってネット上に重要な地図や資料を公開した場合、キャプチャーなどで画像を盗まれることが想定されますが、それを防ぐことが出来るソフトです。
実際に操作してみると、右クリックで保存などできないようになっていて、キャプチャーソフトを使おうとすると画面が真っ白になってしまったりします。

ベストシステムズ(100%子会社)
主にクラスタシステムの開発販売を行っています。
クラスタ関連、グリッド関連の商品が主といったところでしょうか。

クラスタシステムとは
PCクラスターは複数のパソコンを並列につないで、スーパーコンピューターと同等の高速計算を実現するシステム。
クラスタリング
複数のコンピュータを相互に接続し、ユーザや他のコンピュータに対して全体で1台のコンピュータであるかのように振舞わせる技術。
ベストシステムズとグリッド
また、ベストシステムズはアルゴグラフィックスと合弁会社を7月に設立する予定となっています。詳しくはこちら

アジア航測(27.68% 持分法適用連結関連会社)
大雑把に言えば測量会社。航空測量業界の主な3企業の一つ(パスコ・国際航業・アジア航測)
ドリテクが平成電電のあおりで連鎖倒産しかけた時に、村上ファンドが増資を引き受けましたが、実は村上以外にもドリテク支援の声を上げたファンドが何社かいました。村上は平成電電がらみの通信事業に関心を持って投資したと言われていますが、他はドリテクの持つ、アジア航測という企業に興味を持ったといわれています。池田社長の株主総会での発言

平成電電コミュニケーションズ
マイライン事業をやっていましたが、日本テレコムに譲渡されてからはなにをしているかわからない会社です。
清算が近いという声も聞かれます。
ドリテクは過去に平成電電コミュを株式交換により完全子会社化しました。しかし、それによって上場廃止基準に抵触の恐れあり、とされてしまいました。詳しくはこちらで
しかし、マイラインがない平成電電コミュは売上もないでしょうから、上場廃止基準はクリアすると私は考えています。

このようにドリテクはグループ企業です。ITコングロマリットを形成させるのがドリテクの狙いのようです。
特に今後はGIS事業へ目を向けて動いているようです。池田社長はブルームバーグ出演でGIS関連の上場企業をM&Aしていく。それが決まるのが夏。というように発言をしていました。

ドリテクという企業は平成電電の子会社でしたが、それが破綻して、ドリテクも窮地に追いやられました。その時村上ファンドは表向き平成電電との通信事業に興味を持って投資しました。しかし、村上以外にもドリテクに投資したがったファンドが存在した。その狙いはアジア航測とのシナジーだったと言われています。
ドリテクに出資を考えたファンドは「平成電電がらみの通信事業」と「アジア航測とのシナジー」このどちらかを狙って支援を申し出ていたということです。
それほどアジア航測との事業は大きなプロジェクトだったと思っています。平成電電支援事業と双璧をなすであろう事業。社長がアジア航測・ドリテク・今後傘下に入るであろうGIS関連企業との三社でタッグを組んでやっていくというのはまさに、当初考えられていたであろうもうひとつのシナリオが、真面目に、ゆっくりと始動したと私は考えます。

ブルームバーグ

ドリテクダマシイ内記事(文章)
http://dreamtechnologies.blog48.fc2.com/blog-entry-566.html
http://dreamtechnologies.blog48.fc2.com/blog-entry-577.html
http://dreamtechnologies.blog48.fc2.com/blog-entry-578.html

公式(動画)
http://www.dreamtechnologies.com/ir/news/2006_0705.html
スポンサーサイト





※投資は自己責任で。投資を煽るものではありません。
神の見えざる手
FC2 Blog Ranking   かぶろぐランキング   人気blogランキングへ 毛 穴 ・ 黒 ず み . c o m
[2006/07/16 08:49] ドリテクってなに? | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dreamtechnologies.blog48.fc2.com/tb.php/685-c6107653










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。