ドリテク ヤフー板 ドリナビ 日経 M氏 EDINET 941467 ※ドリダマはリンクフリー許可不要です
日本テレコム   アジ航   世界   アルゴG     ゼンリン     ※転載自由「ドリダマより」と入れてね
FC2 Blog Ranking かぶろぐランキング ・BLOOG-RANKING   人気blogランキングへ


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





※投資は自己責任で。投資を煽るものではありません。
神の見えざる手
FC2 Blog Ranking   かぶろぐランキング   人気blogランキングへ 毛 穴 ・ 黒 ず み . c o m
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

トリックスター「週刊東洋経済」村上ファンド特別取材班 

トリックスター 「週刊東洋経済」村上ファンド特別取材班



東洋経済といえばドリテクが厳重注意したあまり仲の良いといえないところですが、この本にドリテクについて9ページに渡り記述が載っているので紹介します。

第7章 裏の顔 ドリテクの「その後」 P182~P190

以前紹介しましたが、東洋経済はドリテクと村上ファンドとの関係について記事にしています。

内容紹介

「週刊東洋経済」(2006年5月20日号)発売後にドリテクは抗議したそうです。
2005年12月、2006年4月の2回ドリテク最高幹部から東洋経済に連絡があったそうです。その幹部は取材で「村上がやったことはインサイダー取引。犯罪者ですよ、あいつは」とまくしたてたそうです。
しかし、その2回の連絡では「村上さんから何言ってんだよと抗議の電話が来た。あらためて調査をしたところ、取材で述べた自分の認識に誤りがあったので訂正する」と前言を翻したそうです。
「株価を下げる材料を出せ!といわれたというのは認識の誤りで、村上が言っていたのはインサイダー含みは嫌。良いニュースも悪いニュースも出してくれ、だった」

「週刊東洋経済」5月20日号について幹部が発言について二ヵ所について理解を求められたそうです。
「村上さんへの嫌がらせとは言ったが、それだけではなかった。嫌がらせではあったけど、お金が必要だったのは本当だ。嫌がらせだけでMSCBは出さない。平成電電をやるのにお金が足りない。
「この記事では僕らが村上と組んで、平成電電を入札したけど、やるつもりはなかったように読めるが、しないつもりだったということはない。本気で落とす(落札する)つもりで落とした。でも、やったら(スポンサーになったらドリテクも)ボロボロになるのがわかって止めた」

以上のように平成電電がらみの村上氏とドリテクの関係など、東洋経済からみた当時のことが詳細に書かれています。
ここではこの本に書かれているドリテク関連のことを紹介しましたが、当然それだけではなく、村上ファンドを東洋経済の村上ファンド特別取材班から見た目で書かれているものです。とても勉強になると思います。

ドリテクダマシイ東洋経済関連記事

東洋経済 5/20
http://dreamtechnologies.blog48.fc2.com/blog-entry-453.html
東洋経済についてドリテク
http://dreamtechnologies.blog48.fc2.com/blog-entry-466.html
東洋経済とドリテク
http://dreamtechnologies.blog48.fc2.com/blog-entry-494.html
当社株主に対する一部報道について
http://dreamtechnologies.blog48.fc2.com/blog-entry-529.html
スポンサーサイト





※投資は自己責任で。投資を煽るものではありません。
神の見えざる手
FC2 Blog Ranking   かぶろぐランキング   人気blogランキングへ 毛 穴 ・ 黒 ず み . c o m
[2006/10/06 20:39] おススメ本 | TB(0) | CM(4)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2006/10/08 08:50] - [ 編集 ]

長期投資となりそう

昨年10月DT社株価が暴落する前のことです。日曜日TBSサンデーモーニングスポンサーだったHDD社の広告を見て、当時も株価は下落してはいましたが安心したのを記憶しています。その後はズルズルと1年超がたちました。この本の御仁が暗躍していたのですね。読んでみたいと思います。昨年後半の日経上昇機会を失い、一方でこの一年は株式投資は研究してきました。羊さんの研究姿勢には学ぶ事が多く有意義です。戦う時間はまだ長そうですが、個人投資家の粘り強さを思い知らせたいと考えています。
[2006/10/08 09:53] [ 編集 ]

熊さんへ
一応消しておきましたこれでよろしいでしょうか。

熊さんかなり長期ホルダーなのですね。この銘柄からはあまりに学ぶことが多いです。これからはアドテックスも含め、他の銘柄ももう少し見ていかないと自分がだめになりそうですw
トリックスターという本にドリテクのことは9ページしか出ていないので立ち読みでも良いかと思われますが、全体を通して読むとすごくためになります。この本は村上に批判的に書かれているようです。
[2006/10/08 09:57] [ 編集 ]

長期投資先として必要とされる会社か

 ご返事・対応ありがとうございます。少し前の日経新聞10月1日付の中ほどに長期投資でしられるさわかみ投信の沢上篤人氏のコラムがあります。氏曰く「長期投資という以上、5年でも10年でも平気で保有し続けられる銘柄」との指摘は、今後の投資姿勢においても示唆多き指摘だなぁ、と反省の気持ちもこめて新聞切抜きを仕事かばんに忍ばせています。今でもDT社の事業には継続して支援していくつもりですが、一方でDT社の専売特許の「失望」が今後も続けば大幅な損切も視野にあります。最近のIRや臨株の経営陣の姿勢には少し変化を感じますが、今だ深海でうごめくチャートでは不満です。私見では水面から力強く吹き上げる鯨のような材料は、M&Aと更なる自己株買の組み合わせ、そして来年春に解禁される三角持合かなと考えています。
[2006/10/08 12:18] [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dreamtechnologies.blog48.fc2.com/tb.php/900-52407bfc










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。